双子の子育てを楽しもう!

双子のベビーカーやバギーでおすすめは?選ぶ際のポイントなどをご紹介!

2018/09/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして! 双子(6歳_男の子)の子育てに日々奮闘中のハマと申します。 サラリーマンの傍ら、バレーボールにも情熱を注ぐ30代半ば。 双子のみならず、育児全般についての体験談を時に楽しく・時にマジメに綴っていきたいと思いますので、末永くよろしくお願いします!
スポンサーリンク

こんにちは。双子パパのハマです。

毎日の育児、本当にご苦労様です!

 


ママ

はぁ~

ストレッチしてないで、そろそろ子供達にベビーカーの準備しようかしら。

なんて声が聞こえてきましたので、今日は双子なら是が非でも力を借りたいベビーカーやバギーについて書いてみました!

※お笑い芸人ノンスタイル石田さん家族の双子ベビーカー問題が世間を賑わせましたが、同じ双子の父親として思うことを書いた記事はこちら!

(双子を持つパパさん・ママさんは同じ気持ちのはず!!)

 

これからベビーカーやバギーの購入を検討されている方や、購入したけど失敗してもうたぁ!と再購入を検討されている方などへ、ベビーカー・バギーそれぞれのメリットデメリットなどをご紹介します!

生活されている環境(例:住まいや車の有無など)も考慮した上で、良いものを選ばれる参考になれば嬉しかとです!

ベビーカーとバギーってどう違うの?

ベビーカーは低月齢の赤ちゃん(腰がすわっていないを乗せることを想定して作られており、幾つか種類があります。

A型:生後1カ月頃から使用可能

B型:生後7カ月頃から使用可能

 

 

逆にバギーは、生後7カ月位(腰がすわった)から乗せることを想定して作られています。

 

ベビーカーとバギーの大きな違いとしては、

・ベビーカー:リクライニングできる

・バギー  :リクライニングできない

という認識でOKです。

 

ベビーカーの利点は?

ベビーカーはバギーに比べ、頑丈です!

頑丈なので、赤ちゃんに衝撃を与えにくいと思います。

 

また、通気性のいいメッシュシートや容量が多い荷物入れなど機能性にも優れています。

 

パパさん

縦型と横型があるみたいやけど、どっちがいいん??

これから説明するバイ!

 

縦型のメリット

幅が狭い場所でも比較的通りやすい。
(エレベーター内でも横型より幅を取らず、人目をそれほど気にせずに済む)
横幅:50~55cm

 

縦型のデメリット

・前後ろでケンカするw

・月齢が進むにつれ、ベビーカーの扱いにくくなる。

(横型に比べ、押しにくい)

・前の子に目が行き届きにくい。

 

横型のメリット

・前後ろでケンカする事が少ないw

(左右どちらに座るかでケンカになれば、ドンマイでーすw)

・軽いため、扱いやすい。(押しやすい)

・リクライニングを深く倒せるため、生後1カ月程からでも使える

・二人並ぶ姿がカワイイ

 

横型のデメリット

狭い所が通り難い。。

(改札やスーパーなどでの買い物で困る事がある)

・幅を取るため、エレベーターや電車などで人目を気にしてしまう。

 

バギーの利点は?

スポンサーリンク

ベビーカーに比べ、折り畳んだ時に

コンパクト!

また、費用的に見てもバギーの方が

リーズナボー!!

(発音が良過ぎましたね~ リーズナブルです)

 

パパさん

バギーっちゅうのには、メリットとかデメリットとか無いんかいな?

マダム

当然あるわよ。オホホ

 

バギーのメリット

・バギーはベビーカーに比べ、軽い

(操作しやすい)

・折り畳んでも場所を取らないタイプ多し。

 

バギーのデメリット

・リクライニングができないため、腰がすわった赤ちゃんの利用がメインになる。

(ファスナーで若干リクライニングできる程度)

・荷物を掛けたまま抱っこすると、荷物の重みで後ろに倒れる可能性あり。

 

ベビーカーをおすすめする方

・低月齢の赤ちゃんを乗せようとする方

・長時間の移動が多い方 など

・車移動が多い方

 ※折り畳んだ際、車に積めるか要確認ばい!

 

バギーをおすすめする方

公共交通機関で移動する方

・子供が歩き疲れた時の補助として使うことを考えられている方

などです。

 

※因みに、我が家ではバギーを活用しました!

使い始めは1歳半位からだったので、バギーで全く問題ありませんでした!

 

選び方のポイントは?

ベビーカー、バギーそれぞれのメリットやデメリットを書きましたが、選び方のポイントを書いてみました!

ポイント
折り畳んだ際のサイズを事前に確認しましょう!
→サイズが大きすぎて車に乗らない事や、玄関に置けないなどの失敗が買った後に判明するような事がありませんように。。

 

横型の場合
簡単に折り畳みが出来るかどうか、自身の生活環境(買い物先など)を確認しておきましょう。
→古いスーパーなどでは通路幅が狭いため、通れないなんてことも。。。

 

 

※っと、その前に!

玄関のドアマンションのエレベーターなど、サイズチェックは必須ですよぉー!

↓下記、覚えておきましょう!

駅改札の幅55cm

エレベータードアの幅80cm

(ご参考)

・コンビニ通路幅80〜90cm

・バリアフリー自動改札85〜90cm

 

 

おすすめ商品は?

おすすめの商品を幾つか挙げてみましたので、是非参考にして下さ~い!

 

縦型編

・奥行:98cm

・横幅:53cm

・重さ:13.4kg

・使用期間:生後3カ月~18.1kg位

 

・奥行:124cm

・横幅:55cm

・重さ:14.7kg

・使用期間:生後6カ月~4歳位(18kgまで)

 

横型編

・横幅:71.5cm

・重さ:13kg

・使用期間:生後3カ月~3歳位

 

 

・横幅:76cm

・重さ:8.3kg

・使用期間:生後6カ月~15.8kg位(1シート重量)

 

・横幅:73cm

・重さ:9.6kg

・使用期間:生後6カ月~15kg位(1シート重量)

 

など、まだまだ様々なベビーカーやバギーがあります。

 

最後に

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

私が購入(5年前)した当時のバギーは、

重い・幅を取る・通気性悪い』という三拍子が揃っていましたw

 

我が子に使用した4~5年前からすると、デザインはもちろんのこと機能性や重量なども大幅に改善されています。

 

一見、デザインや価格に目が行ってしまいがちですが、実際に乗る赤ちゃんが快適に過ごすためのアイテムという事を忘れずに、機能性も重視してより良い商品を使って頂ければと願いながら今回の記事を終わりにしたいと思います。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログランキングに登録していますので、ポチッとして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして! 双子(6歳_男の子)の子育てに日々奮闘中のハマと申します。 サラリーマンの傍ら、バレーボールにも情熱を注ぐ30代半ば。 双子のみならず、育児全般についての体験談を時に楽しく・時にマジメに綴っていきたいと思いますので、末永くよろしくお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ハマブログ , 2018 All Rights Reserved.