双子の子育てを楽しもう!

赤ちゃんがハイハイを始めるのはいつ頃?練習や注意点をご紹介!

2018/07/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ

 

こんにちは。双子パパのハマです。

 

先日、友人家族が家に遊びに来てくれました。

 

いやぁ~。まだお喋りもままならないハイハイし始めの赤ちゃんって、本当にかわいいっすね!

それに比べて、我が家の怪獣君達(双子・間もなく6歳・男の子・二卵性)ときたら・・ってな感じですw

 

よっしゃ!我が家も3人目を。。。

(って冗談で~すw これでまた二人出てきたら笑えませんねw)

嫁さんからも、冗談は顔だけにして!って言われそうなのでやめときましょか。

 

さて、今日は我が家も経験した赤ちゃんのハイハイについて、ハイハイの役割や始める時期親として注意してあげる点などについて書きたいと思いますので、最後までお付き合いの程、よろしくお願いします!

ハイハイの役割とは?

 

赤ちゃんがハイハイをし始めると、『おっ!いよいよ歩く時期が近づいてきたな』と思うパパさん・ママさんが多いかと思います。

ハイハイは歩くための準備とされており、全身(体幹)が鍛えられる役割があります。

 

その他、ハイハイをする事により足腰も丈夫になることで歩く時の力が身に付いたり、歩いている時に転びにくくなったり転んだ際は咄嗟に手をついて身体を支えられたりすると言われています。

 

※プロフィールにも書かせてもらっていますが、私は小さい時からバレーボールを始め、白髪の増加に悩まされる今(36歳)でも何とか現役でプレーしていますが、この体幹はとても重要だと思っています!

(スポーツをするならもちろんですが、丈夫な体になるためにも体幹は重要です。)

 

また、ハイハイをし始めると行動範囲が格段に広がり、これまで興味が無かったおもちゃ以外への関心も高まります。

好奇心から様々な感覚(視覚や聴覚など)を活性化し、赤ちゃんに良い影響を与えます。

 

副次効果として、ハイハイという赤ちゃんにとってはこれまでにない全身運動から、ご飯をしっかり食べるようになったり、疲れて睡眠が深くなったりします。

 

ハイハイを始める時期はどれ位から?

 

赤ちゃんの成長度合いにもよりますが、大体7~9ヶ月位と言われています。

ハイハイの前の成長過程として、首すわり(生後3~4ヶ月)、おすわり(生後7~8ヶ月)、後ばい・ずりばい(生後6~8ヶ月)といった感じですね。

 

我が家での光景ですw

 

練習する方法は?

最近では、ハイハイをしない赤ちゃんもいるようですが、原因の一つとしてうつ伏せに慣れていない・嫌いという事もあるようです。

 

まずは、うつ伏せに慣れさせてあげることが重要です。

 

普段は上しか向いていない状態なので、うつ伏せになる事で視界も変わり、おもちゃに触れられる時間も長くなったり遊べる距離も広がります。

 

うつ伏せに慣れてくると、おもちゃを少しずつ身体から離していき、まずは【あのおもちゃが触りたい】って思わせてあげましょうw

ポイントこの時、足の裏を手で支えてあげて足に力が入るようにしてあげると少しずつハイハイに近づきますよ!

 

その他、パパさん・ママさんも一緒にハイハイしたり、腰を持ってあげてハイハイの形を作ってあげて前に進むという事を覚えさせるのも有効です。

 

※さらっとしか書きませんが、赤ちゃんがハイハイしやすいように部屋の整理は必ずやっておきましょうね!

物が多く、ハイハイできる環境にないと赤ちゃんの好奇心も沸きません。。。

 

ハイハイを始めた時の注意点は?

 

まずは、何といっても誤飲ですね。

電池や飴、画鋲なんか置いてた日にゃぁ・・・

 

想像しただけでも怖いですよね!

 

※あと、注意して欲しいのが

タバコ(灰皿)やライター!

誤って口に入れてしまうと、最悪の場合死亡する危険もあります!

 

ヘビースモーカーのパパさん・ママさんが、もしこの記事を読んで

 

ドキッ!

 

としたなら、これで禁煙できますね!

頑張れ~!

 

その他、誤飲の類で行くと、洗剤や殺虫剤なども注意しましょうね。

 

 

次に注意したいのが、コンセントやコード類です。

 

既に対策されているご家庭がほとんどかと思いますが、コンセントカバーは必ず対策する事をお勧めします!!

赤ちゃんの目線と同じくらいの高さにあり、非常に興味を持ちますから。。。

 

コードも目を離した隙に首に絡まるといった危険も十分考えられますので、インシュロックなどで束ねるなどの対応をしておきましょう。

 

 

その他の注意点としては、階段に繋がる場所はバリケードでガードしたり、家具の角にはコーナーガードでカバーしたりしましょう。

 

こちらの記事【我が家で起きた漫画のような出来事】で書きましたが、ベランダなどの窓についているロックにはくれぐれもご注意をwww

 

最後に

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

ハイハイをし始めると、掴まり立ち、いよいよ歩く。と、どんどん成長していきます。

ハイハイの時期はあっという間に終わってしまうかも知れませんが、お子さんのかわいさが今まで以上に増す時期だと思いますので、今回の記事を参考にして頂き、思う存分ハイハイして体幹をバンバン鍛えてもらえると、体育会系)ハマおじさんは嬉しかとです。

 

お子さんが安心してハイハイできるように今回記載した注意点などを参考してして欲しいと願いながら、今回の記事を終わりにしたいと思います。

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう!

 

ブログランキングに登録していますので、ポチッとして頂けると嬉しいです!!


双子ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ハマブログ , 2018 All Rights Reserved.