双子の子育てを楽しもう!

子供の鼻血が止まらない!正しい止め方や鼻血の原因などをご紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ
スポンサーリンク

こんにちは。双子パパのハマです。

お子さんがいきなり鼻血を出して、驚いた事があるパパ・ママも多いのではないでしょうか?

すぐに鼻血が止まるケースであれば心配も少なくて済みますが、なかなか止まらない・頻度が多いといったケースであれば、病院に行った方がいいのか?何かの病気か?と不安になる事もありますよね。

 

そこで、まずは鼻血の正しい止め方、鼻血の主な原因、病院に連れて行った方がよいケースなどについて書きたいと思います。

鼻血の正しい止め方は?


パパさん

ティッシュを丸めて鼻に詰めるだろ!

多くの方がやってる対処法だと思いますが、これは鼻の粘膜を傷つけてしまうので良い方法ではありません。

(特に子供のうちは特に粘膜が弱いので、やめてあげましょう。)

 


ママさん

分かった! 上を向かせて鼻をつまむでしょ!?

 

残念ながら、この方法もNGです!

上を向くことで血液が鼻からのどに流れ込んでしまい、飲み込んだ血液が多いと固まった血液がのどに詰まったり、嘔吐する原因となる可能性があります。

 

正しい止め方は下記の通りです!

・下を向かせる

・小鼻(ティッシュで鼻をかむ時に抑える場所)を左右から指でつまみ、強圧迫する。

・その状態で安静にして5~10分ほど過ごす。

上記の方法で一般的な鼻血は止まります。

お子さんは普段、血を見る機会は少なく、ましてや自分の体から血が出ている事で不安になっている場合がありますので、パパ・ママは過度に焦ったり不安をあおるような行動・発言はしないよう心掛けましょう!

 

赤ちゃんの時の止血方法は?

基本的に上記の方法と同じです!

仰向けから起こし、座った状態にして下を向かせ、小鼻を左右から圧迫してあげましょう。

赤ちゃんを座らせるために、パパ・ママが赤ちゃんの後ろ側にいるケースがあるかと思いますが、小鼻を圧迫する際は赤ちゃんの顔が見えるよう対面で座って圧迫するようにして下さい。(後ろから圧迫すると赤ちゃんの表情が見えず、息が出来ていない可能性もあるので注意しましょう)

 

鼻血の主な原因は?

スポンサーリンク

鼻血の主な原因は、鼻をほじる・かむ・こするなどにより、鼻の粘膜を傷つけてしまうことが大半です。

我が家の怪獣達(双子_男の子)も、お互いの鼻の中に指を入れてバカ騒ぎしていた時に鼻血を出したこともありましたw

 

鼻をほじる・かむ・こするといった行動の裏には、ハウスダストや花粉などの要因も隠れている場合があるので、家の中を清潔にしたり、万が一のことを考えてお子さんの爪をしっかり切ってあげておくといった事も鼻血予防策の一つではないかと思います!

 

病院に連れて行った方がよいケースとは?

子供が小さいうちは、よく鼻血出すから! と安易に考えてはいけないケースがあるのも事実です。

病院に連れて行った方がよいケースなどについて下記します。

・頭部を強打したことがきっかけで出た鼻血の場合

→「髄液性鼻漏」の可能性があります。

鼻血と鼻水が混じったものが出る場合は、ただちに受診(救急車)が必要です!

すぐに体を横にして頭を少し高くして、救急車を待ちます。

 

・上記で挙げた止血法を20分以上やっても止まらない場合や、止まっても短時間のうちに出血を繰り返す場合

→ 血友病(血が止まらない)や、白血病(出血しやすい)などが疑われる可能性もあります。

気をつけた方がよい食べ物や注意点は?

よく、チョコレートを食べると鼻血が出やすいというのを聞いたことがあるかと思います。

実際にチョコレートの成分にはチラミンやテオブロミンといわれるものがあり、血管を広げたり血流をよくする働きがあることが分かっています。

その他、カフェインの中にも血圧をあげる作用が含まれていますので、コーヒーやコーラなどは控えてあげるとよいでしょう。

 

また、その他の注意点としては花粉症やアレルギー性鼻炎(私も)のお子さんは粘膜が弱っていることがあり、鼻血が出やすいので注意が必要です。

また、点鼻薬は鼻疾患の私からしたら必需品ですが、副作用で鼻血が出やすくなるという事も理解しておきましょう。

 

まとめ

今回は鼻血の正しい止め方や、原因、病院に連れて行った方がよいケースなどについて書きました。

・まずは、鼻血を見た事でお子さんが慌ててしまわないよう、パパ・ママがしっかり落ち着くこと。

・その後正しい止血法を行う。

→下を向かせる。小鼻を左右からつまみ強く圧迫して5~10分大人しく過ごす。

・止血法をしても20分以上止まらない場合や、頭部を強打したことで鼻血が出た場合は病院へ連れて行く。

 

いざという時に落ち着いて対応できるよう、パパ・ママは応急処置を覚えておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログランキングに登録していますので、ポチッとして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ハマブログ , 2018 All Rights Reserved.