双子の子育てを楽しもう!

効果抜群!背中スイッチが無くなる抱っこから布団への寝かせ方とは?

2019/01/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ
スポンサーリンク

こんにちは。ハマです!

 

毎日の育児、ご苦労様です!

抱っこではスヤスヤ寝てるのに布団に寝かせた途端に起きて泣いてしまう、いわゆる背中スイッチON!

ようやく寝たのに、なんでー!(泣)っていうやつ、経験あるかと思います。。。

 

今回は背中スイッチに困っているパパ・ママを助けるための対策を紹介します!

ビックリするくらい簡単で、道具一切無しなのでどなたでも簡単に実践できます!

 

効果について個人差はありますが、私が紹介した5人(少なっ!)に実践してもらったところ、4人は即効果あり!

あとの1人も、いつもより泣く時間が短くなった!と効果自体は見られたようです。

さぁ、これから紹介する超簡単対策で、お子さんの背中スイッチONから解消されましょう!

どうやったら泣かずに布団に寝かせられるの?

早速、手順を説明します!

1.赤ちゃんの頭から先に布団におろす。

2.次に、首→背中と上から順に布団におろしていく。

※ポイント:この時、片手はお尻を支えておきましょう!

3.お尻をトントンしながらおろして、はい終了!!

 


ママさん

んっ!?これだけ?

 


ハマ

そうなんです!これだけですw

 

簡単でしょ!?

これなら誰だってできますよねw

 

どうやら、背中スイッチ解決のカギはお尻だったようです!!!

 

 

スポンサーリンク

手順1.赤ちゃんの頭から先に布団におろす。

 

手順2.首→背中と上から順に布団におろしていく。

 

手順3.お尻をトントンしながらおろしてあげる。

上記3つの手順で完了でーす!

今まで時限爆弾を触るかのように緊張しながら、赤ちゃんを布団に寝かせていたのが馬鹿らしく思えちゃいますw

※やり方に慣れるまで少し時間が掛かるかも知れませんが、続けるうちに必ずうまくいくようになりますよ!

 

なぜ頭からおろしてあげる方がいいの?

これまで、私を含め皆さんも先にお尻からおろしていたかと思います。

実はこれが間違いだったようです。。。(ガーーーン)

 

赤ちゃんはお尻を支えられている状態が安心するようで、先にお尻をおろすことで不安になり泣いてしまうようです。

(その他にも泣いてしまう要因としては、温かい抱っこから冷たい布団に移った事で起きてしまうというケースもあります。)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今では我が家の双子も6歳になりましたが、当時この情報を知ってたら、どれだけ有り難かったか。。。

 

今現在、お子さんの背中スイッチ問題に直面されているママ・パパもいらっしゃると思いますので、是非今回ご紹介した手順を実践して少しでも寝かしつけへのストレス解消になってもらえたらなと思います!!

 

最後にもう一度、超簡単な手順をまとめます!

1.赤ちゃんの頭から先に布団におろす

2.次に、首→背中と上から順に布団におろしていく。

※ポイント:この時、片手はお尻を支えておきましょう!

3.お尻をトントンしながらおろして、はい終了!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログランキングに登録していますので、ポチッとして頂けると嬉しいです!!

双子ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ハマブログ , 2019 All Rights Reserved.