双子の子育てを楽しもう!

子供の爪噛みの原因は?爪を噛まなくなる為の対処法とは?

2018/07/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ

 

こんにちは。小さい頃、爪噛みをしてしまっていた双子パパのハマですw

 

ママ

うちの子、気が付いたら爪噛んでるのよね~

 

 

なんて、子供の爪噛みにお困りのパパさん・ママさんへ、今日は爪噛みの原因や爪噛みをやめるための対処法などについて書きたいと思いますので、最後までお付き合いの程、よろしくお願いします!

爪を噛んでしまう原因は?

 

子供の爪噛みと大人の爪噛みには原因が異なりますが、子供の場合は下記が原因に挙げられます。

・愛情不足

 

・欲求不満

 

・過度の緊張

 

・退屈

 

 

子供

声を大にして言います!

もっとかまってやぁ~!!!

 

って想いが、行動として現れていると理解しましょう。

 

 

また、大人の場合であれば

・ストレス

・苛立ち

・情緒不安定

・暇つぶし

が大きな原因ですが、今回は子供の爪噛みに特化して書いていきますね!

 

 

 

爪を噛む子供の特徴としては、活発・敏感・神経質や緊張しやすいといった面を持った子供に多く見られます。

落ち着きがない私がまさにそうでしたw

 

また、家庭環境との関連性も非常に高く、親からの厳しいしつけであったり、放任・干渉しすぎなど親子関係が円滑に回っていない場合などに見られます。

 

 

爪噛みはいつまで続くの?

5歳位までにしなくなるケースが多いようですが、中には10歳を超えても続いてしまうケースや、上で書いた大人になって爪噛みをしてしまうケースもあるようです。

(恥ずかしながら、私は10歳まで噛んでましたね。。)

 

小さいうちに自然とやめられるよう、パパさん・ママさんが誘導してあげたいものですね!

 

爪噛みをやめる方法は?

 

パパ

また爪噛んどる!

やめんか~!!

 

はい。NGですw

その場ではパッと口から指を離しますが、根本的な解決にはなっとらんとです。

 

原因のところに書いた通り、欲求不満や愛情不足などが起因していますので、そこを改善しない限り治ることはないでしょう。

 

 

私が思う1番の解決策は、ずばり愛情表現です!

ここでいう愛情表現は、なにも【あなたの事が好きよ~】とか言葉に出す単純なものではなく、

 

ポイント・子供が言う事には、必ず顔を見て返事してあげる。

・家事で忙しい時はその事を伝え、後からきちんと相手をしてあげる。

・スキンシップ(言葉のキャッチボール含め)を多くとってあげる。

・弟や妹のお世話の後に、必ず上の子も相手してあげる。

 

このような事をしてあげる事が愛情表現だと思います。

 

スキンシップを十分に取ることはもちろん、これから爪噛みを見た時は叱らずに黙って口から手を外し、優しく手を握って(包んで)あげてみて下さい。

(この方法が効果あるようです。)

 

 

最後に

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

爪噛みは愛情表現が足りてないよ。って子供からのサインだと思うと、【こら!また爪噛んで。やめなさい!】って頭ごなしに叱ることはなくなりますよね。

 

これから爪噛みを見たら、頭ごなしに叱らず口から指を外して、優しく手を握って(包んで)あげて下さい。

最初のうちは中々やめられないかと思いますが、パパさん・ママさんが根気よく行動してあげる事で、いずれ爪噛みが治まります!

 

我が子もいつ爪を噛むか分かりませんが、爪噛みをしなくていいようたっぷりスキンシップを取りたいと思います!

(スキンシップ取り過ぎて、怪獣君達から嫌がられることもしばしばw)

 

現在、お子さんの爪噛みに悩まれているパパさん・ママさんの手助けになれば幸いです。

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ハマブログ , 2018 All Rights Reserved.